Loading
HOME  >  PRODUCT  >  LABOLATORY / INDUSTRY
HARIOの耐熱ガラスは化学的耐久性に優れ、理化学用素材として卓越したガラスです。
HARIOは、1921年より耐熱ガラスメーカーとして理化学用ガラスを製造してまいりました。日本で唯一の「α32 耐熱ガラス」の窯をもち、ハンドブロー(手吹き)成形品も生産しております。Made in Japan,手吹き職人による技術が初代「カミオカンデ」(素粒子観測装置)や、ガラスの楽器の製造を可能にいたしました。 HARIOブランドの理化学用ガラスは、確かな歴史と信頼の材料に裏打ちされた製品です。
ハンドブロー( 手吹き) 成形
「カミオカンデ」
東京大学宇宙線研究所 神岡宇宙素粒子研究所施設提供
理化学用 ガラス製品/ 生地製品
HARIOの理化学用ガラス製品/生地製品は、線膨張係数32Xl0-7cm/deg (30~330℃)の耐熱ガラス。原料だけでなく、ガラスの泡切り剤にもこだわり、茨城県・古河工場で生産しています。さらに実験の際には、素材の溶出も殆どなく、加熱もでき、無色透明なため、内溶液の判断も容易にできる利点があります。
表紙・目次
製品
(ビーカー・フラスコ)
生地製品
生地製品
(受注生産品)
弊社の紹介
理化学用 ガラス製品/ 生地製品カタログ 一括ダウンロード >>
理化学ニュース
理化学製品に関するお問合せ
ハリオサイエンス(株) (平日9:00~12:00、13:00~18:00)
03-5832-9571
ガラス楽器を製作した職人によるオーダーメード可能! 試作品承ります。
ガラス管
HARIO が手がける安心素材のガラス管。
HARIOのガラス管は、実験用ガラス容器と同素材、線膨張係数32×10-7cm/deg (30~330℃)の耐熱ガラス。原料だけでなく、ガラスの泡切り剤にもこだわり、茨城県・古河工場で生産しています。さらに実験の際には、素材の溶出も殆どなく、加熱もでき、無色透明なため、内溶液の判断も容易にできる利点があります。 HARIOの耐熱ガラス製器具は、皆様により正確な分析結果と、お客様への信頼をお届けします。
コーヒーサイフォンでのガラス管使用例
ガラス管カタログ
ガラス管カタログ 一括ダウンロード >>
工業用ガラス
耐熱ガラスと高度な研磨技術により生み出される高精度な工業用ガラス製品。
1980年自動車用ヘッドレンズ分野に進出し、現在では自動車用非球面レンズの生産を中心とし、フォグレンズ等様々なプレス製品を生産しております。 直接通電式ガラス溶融炉にて有害物質の入らないピュアで環境にやさしいガラス素材を実現しています。

ISO 9001、ISO 14001 認定取得
自動車用非球面レンズ
 
ヘッドランプ・フォグランプレンズ
自動車用ヘッドライトレンズに使われている非球面レンズはプレス成形した後、平面側は研磨加工されています。ヘッドライトの照度規格は厳しく、ガラス屈折率に対応した非球面形状と共に、研磨面の平面度・鏡面度・ 厚みが影響するため、各々の精度が求められます。また、自動車の顔の一部であるヘッドライトに使用されるレンズであるため、研磨面の仕上がりやガラス生地欠点などの規格も厳しく決められています。以上のような条件の下、研磨装置や仕上げ磨き装置を駆使し、弊社独自に開発した研磨システムを持っています。
工業用ガラス製品に関するお問合せ
ハリオサイエンス(株) (平日9:00~18:00)
03-5832-9571

トップへ戻る