Loading
HOME  >  ABOUT US  >  歴史について
沿革
1920s
1921
Oct.
東京・神田須田町に柴田弘製作所を創立。理化学用硝子器具の製造・販売を開始する。
1940s
1940
Aug.
台東区上野花園町に工場及びガラスるつぼ炉建設。ガラス溶融の研究に着手。
1947
Mar.
ヒロム印ビーカー、フラスコ、シャーレ、冷却器製造開始。
1949
Aug.
多年の研究が実り「ハリオガラス」の溶融に成功。
1950s
1951
May.
東京都江東区白河に硝子溶融炉を設備。一貫作業の深川工場を新設。
1955
Jun.
新工場に業界初の硬質1級ガラス「ハリオガラス」用タンク炉完成。
1960s
1961
Sep.
JIS表示許可工場(化学分析ガラス器具・ガラス管棒)認定。
1962
May.
業界初の自動ガラス管成形機を設置。
1964
Apr.
耐熱ガラス食器販売部門を分離独立、「ハリオ株式会社」(旧・ハリオ商事株式会社)を設立。
1968
Jan.
硬質1級「ハリオ-32ガラス」開発に成功、量産に入る。
1970s
1971
Jan.
古河工場完成。
Mar.
古河工場本格稼動、生産開始。
1972
Dec.
独自の技術により「直接通電式ガラス溶融炉」の開発に成功。同設備による本格生産に入る。
1980s
1980
Aug.
自動車用ヘッドレンズ分野に進出。
1982
Apr.
「直接通電式ガラス溶融炉」科学技術庁長官賞受賞。
1983
Oct.
古河工場に世界初のコンピュータ制御によるガラス製品の多種少量生産ラインを完成。本格生産に入る。
1985
Oct.
古河工場を分離独立させ、「シバタグラス株式会社」を設立、資本金3億円。
1990s
1992
Jan.
イタリア・ヴェトリエ社に対し、硼珪酸ガラスの電気溶融技術供与契約締結。
1993
Aug.
中国・沈陽玻璃儀器廠へのプラント完成。
ハリオ株式会社、発祥の地東京都江東区白河に移転。
1999
Aug.
ハリオ株式会社、シバタグラス株式会社と合併。
「ハリオグラス株式会社」設立、 資本金4億5千万円に増資。
Sep.
ハリオロジテム(ハリオ物流センター)設立。
2000s
2000
Dec.
古河工場、ISO9001認定工場となる。
創業80周年記念事業の一環として、本社を東京都中央区日本橋富沢町9-3に移転。
2001
Nov.
古河工場、ISO14001認定工場となる。
2003
Jul.
日本橋本社ビル登録有形文化財として文化庁より「貴重な国民的財産」に認定される。(登録番号13-0148)
2010s
2010
Apr.
好璃奥(ハリオ)〔上海〕商貿有限会社(ハリオ上海)設立。
2011
Feb.
ハリオサイエンス株式会社 設立。
2012
Mar.
HARIO KOREA CO.,LTD.設立。
Nov.
ハリオグラス株式会社、ハリオテック株式会社と合併。
「HARIO株式会社」設立。
資本金4億8千万円に増資。
2013
Oct.
HARIOランプワークファクトリー設立。
Dec.
HARIO Paper filter Factory in別府、アムステルダム設立。
2014
Jun.
HARIO ASIA PTE. LTD.設立。
Sep.
株式会社ハリオ商事 設立。
Dec.
HARIO USA , INC.設立。
2015
Apr.
ランプワークファクトリー株式会社 設立。
Jul.
HARIO EUROPE B.V. 設立。

トップへ戻る